LNG 環境に優しいエネルギー 北九州エル・エヌ・ジー株式会社

ここをクリックして下さい
事業紹介 Our Business
LNGの受入 
 LNGは、日本近郊では、北はロシアのサハリン、南はインドネシアやオーストラリアから、また、遠方からは、アフリカの赤道ギニアやナイジェリアなどの世界各国から様々なLNGを受入れています。

 
輸送タンカーは安全設計  
LNGタンカーの型式は、球形タンク式の「モス・ローゼンベルク」と箱型の「メンブレン」があります。
当社には、従来125,000㎥級のLNG船が入港していましたが、近年は造船技術の進展と、LNG船の入出港に係る安全運航管理体制の確立により173,000㎥級(メンブレン型)までの受入れが可能になっています。
   
 モス・ローゼンベルク型  メンブレン型
     
多様な供給方式
日本で最も多様な供給方式を有するLNG基地の一つです。

     
パイプラインによる天然ガス供給

 昭和52(1977)年10月に営業運転開始以来、パイプラインでは九州電力(株)新小倉発電所、新日鐵住金(株)八幡製鐵所、戸畑共同火力(株)へ天然ガスを供給しています。
 
Click! Click! Click!
タンクローリーによる供給
 平成14(2002)年2月よりタンクローリー車を利用し、北部九州や山口県等へ液化天然ガス(LNG)を輸送・販売しています。
 
     
内航LNG船による供給

 平成15(2003)年8月より、内航船を利用し、四国方面へ液化天然ガス(LNG)を輸送・販売しています。

 
     
Copyright(c) KITAKYUSHU LIQUEFIED NATURAL GAS CO.,INC. All Rights Reserved.